バランスを取ろう

こんにちは^ ^
ヨガインストラクターのNATSKIです!


皆さんは自分を健康だと思いますか?


健康とは


『心身ともに健やかであること』


です。


いい食材を毎日食べて健康管理をしている
つもりでも実は心は
不健康だったりするのではないでしょうか?


毎日ストレスな仕事を
して何の為に生きているのかわからない
ってなってる方いるんじゃないでしょうか?


体と心が健康であって初めて
自分は健康ですと言えます。


じゃあ心の健康を保つ為に
ストレスをなくす為に
仕事をしない、やりたくないことをしない、


なんて今の日本の現状では不可能です。


仕事をしてなくても
存在するだけで
税金を払わなくてはいけないですから
必ずお金が必要です。


お金を稼ぐ為には仕事しないなんてことは
できません。


まれに株などで儲けて仕事をせずに
生活している人もいますが…笑


それは置いといて普通正社員で
勤めている方は週5日朝から晩まで
みっちり働いていますよね?


自分のライフスタイルの7割を
仕事に注がないと生きていけないのが現状


ストレスが溜まらないわけがない。


だったらストレスとの付き合い方を
考えるべきだと私は思います。


ストレスというものはあるものだと
思いがちですが


実は無いものです。


私たちがつくりだしたものなんですね。


例えば


満員電車にいる時に急ブレーキがかかって
足の小指を踏まれたとします。


ものすごく痛いですよね?笑


ただでさえ満員電車で
窮屈な思いをしているのに…


急ブレーキがかかったことで
みんながバランスを崩して


小指を踏まれる。


痛い!!→なんでこんなぎゅうぎゅうの電車にのって出勤しないといけないんだ→イライラする→仕事に行きたくない


イライラをぶつける場所がないので何故か仕事をしているからこんなことになるんだと仕事のせいにする。


今までの私はそんな思考になっていました。


人によって違うので一概にいえませんが…


これってそもそも自分がそういう
頭の思考にもっていっているだけで
ストレスを自ら作り出しているんですね。


満員電車が窮屈だと感じているのも
自分がつくりだしたもの。


どういうことかというと
もし冬だったら
満員電車のお陰で寒さを感じないやー
と感じる人もいるということです。


捉え方で感じ方が大きくかわるということ


感じ方が変ればストレスだと思っていたことが
ストレスでなくなるということです。


満員電車が窮屈だって誰が決めたんですか?


自分ですよね?


「普通はみんな思ってるでしょ?」


でも自分が勝手に決めていることです。


その固定概念が大きなストレス要因
になっていること。


仕事に向かう為に満員電車に乗らなくてはならない事実は変わりません。満員電車が嫌なものは嫌なんだと思ったら、毎朝ストレスは感じ続けるでしょう。


でももし満員電車に乗って良かったと
心の底から思えるようになれば
朝から幸せを感じることができますよね。


大人になるにつれて決めつけてしまうことが
どんどん増えていきます。


ですが私は決めつけていいこと(自分軸)と
そうでない方がいいことがあると思います。


高い次元で物事を見ることで


全く見えなかったものが見えてきます。


自分にとってより良い考え方
を選択して、今のライフスタイルに、
今の自分自身に必要なものを取り入れること
ってとても大事。


人によってまったく違うので
どこをどうした方がいい!
なんて正解はありません。


ただ一つ言えることは自分にとって丁度いい
を見つけること、バランスをとることが
大事だなーと思います。
その為にはまず自分を
よく知ることが大事ですね。


皆さんは経験から培った思考の癖がありますが、癖というのは無意識(潜在意識)
の中にあるものですから、癖を変えるのはとても難しいことです。


ですがヨガは潜在意識に
フォーカスすることができます。


意識的に変えられないものが
変えれるようになるんですね!
だからこそヨガをすることは
皆んなに必要なことだと思います。



企業向けセミナーもやってますので
ご興味ある方はコメントにメッセージ下さい!


A35EEC24-521D-4D60-AC9D-718284A821E6.jpeg

この記事へのコメント