呼吸〜ダイビングヨガ〜

こんばんは(^^)
フリーヨガインストラクターの
NATSUKIです。


今日は書くのが遅くなってしまいましたが
何とか間に合った!!


脱3日坊主!


今日は呼吸について少しお話しします。


皆さん今の呼吸できてますか?


全員してますね?笑


大丈夫ですね?笑


呼吸をしてるかしてないかって
聞くまでもないこと


だって呼吸をしてなかったら
生きていないという事だから!


呼吸をすることって当たり前だけど
だからこそ自分の生死に関わる大切なこと
なんですね。


最近瞑想や呼吸法が
流行っているので、呼吸について考えたことが
ある方も多いのではないでしょうか?


呼吸の大切さは
ヨガをを通して知っていましたが
セブ島留学でダイビングのライセンスを
修得した時に経験から
呼吸の大切さを実感しました。


ダイビングのベース=呼吸


だと思います。


ダイビングは海の中に入りますので
私達が今生きる上で大切な呼吸が
奪われることになります。
呼吸ができるように酸素ボンベ
を背負って海に入るわけですが


海の中に入ると大自然を視覚で
感じると共に自然の恐さも襲ってくるんです。


普段普通にしてる呼吸が酸素ボンベに
変わることでとても呼吸がしづらくなるから


かなり呼吸にかなり不可がかかるんですね。


だから身体が勝手に酸素をたくさん
取り入れようと吸う方に
意識が向いてしまいます。


苦しいから吸う、
でもまだ苦しいから
早く吐いて、
もう一度吸う


こんな感じで吸うばっかりに
意識が向いていくと吐くことを
忘れて吸うことばっかりに意識が向きます。


余計に苦しくなってパニックになるんですね。


身体にももちろんいつもの何倍もの不可が
かかっている為呼吸がしっかり
できていないと余計に身体も
うまく動いてくれません。


そうすると全てコントロールができなくなり
余計に呼吸が浅くなります。


この負のスパイラルに陥ったらダイビングは
できません。


あいにく私はヨガをしていた為
呼吸が大事な事にすぐ気づきました。


苦しくなったら苦しいことを忘れて
吐く事に意識を向け続けました。


そうすると吸うことが楽になり
呼吸がスムーズにできるようになりました。


身体も自由に動き
純粋にダイビングを楽しむことができました。


呼吸ってこんなにも身体や
精神面を左右するんだってことを
身を持って体感して
ダイビングの勉強がヨガの勉強
になったと感じました。


この経験のおかげて私のレッスンでは
呼吸をより大切にするように心がけています。
吸う吐くのバランスを考えて呼吸を
するとまたヨガをする時の感覚に変化を
感じられるかもしれませんよ♫


写真はダイビングヨガです笑


CCD68B2F-C95A-4604-B469-404BE083BB58.jpeg

この記事へのコメント